• No : 79
  • 公開日時 : 2017/06/20 10:30
  • 更新日時 : 2018/07/06 10:09
  • 印刷

スワップポイントについて、詳しく教えてください。(『選べる外貨』)

回答

●スワップポイントとは何ですか。
異なる2通貨間の外国為替取引を行うと、通常は決済が2営業日後となり、通貨の受け渡しが行われます。
この受け渡しを延長(ロールオーバー)した際に、通貨間で生じる金利差を調整するために受払が行われる差額がスワップポイントです。
基本的に、金利の高い通貨を買うことで受け取り、金利の高い通貨を売ることで支払いとなります。

スワップポイント分に相当する金額は、ポジションをロールオーバーするニューヨーク時間17時
(米国標準時間:日本時間午前7時、米国夏時間:日本時間午前6時)に評価損益として毎日加減算され、
ポジションを決済したときに、初めて実現損益としてお客様の外国為替取引口座に計上されます。

●スワップポイントはどこから確認できますか。
スワップポイント一覧につきましては、下記よりご覧ください。
スワップポイント一覧
保有ポジションに係るスワップポイントの状況は、
ブラウザ版であれば、ポジション詳細、
PRIMEアプリSであれば、保有ポジション→保有されているポジションをタップ→ポジション詳細にて確認できます。

●スワップポイント付与のタイミングを教えてください。
スワップポイント分に相当する金額は、ポジションをロールオーバーするニューヨーク時間17時
(米国標準時間:日本時間午前7時、米国夏時間:日本時間午前6時)に評価損益として毎日加減算され、
ポジションを決済したときに、初めて実現損益としてお客様の外国為替取引口座に計上されます。

●ロールオーバー時の建値は維持されますか。
毎日スワップポイントの受払いを行い、ポジションをロールオーバーしますので、持値は変わりません。

●ポジションの評価損益にスワップポイントは含まれますか。
含まれます。

 
●受取ったスワップポイントを出金することはできますか。
スワップポイントは、ポジションを決済したときに、初めて実現損益としてお客様の外国為替取引口座に計上されます。
スワップ収益を決済前に出金することはできません。
ただし、受け取ったスワップポイントは保証金として再投資することができます。


●スワップポイントも課税の対象ですか。
決済取引によって確定したスワップポイント益は、為替差益と同様に先物取引に係る雑所得等として「申告分離課税」の対象です。
なお、未決済ポジションに対して発生している未確定の為替差益とスワップポイント益は課税対象外です。

※スワップポイントは日々の資金需給や各国の金利情勢により変動します。
  例えば、年末年始や年度末などは一時的に受払額が増加したり、受払額が逆転する場合がございます。
※国内外の祝祭日の影響により、ニューヨーククローズ時点でポジションを保有していてもロールオーバーが行われないため、スワップポイントが発生しない営業日があります。