• No : 176
  • 公開日時 : 2017/06/20 10:30
  • 更新日時 : 2017/11/20 09:09
  • 印刷

維持率とはなんですか。計算方法について教えてください。

回答

実際に取引をするために必要な保証金額(必要保証金)に対して、『選べる外貨』取引口座の残高の割合比率を【維持率】としてご案内しています。

以下に、『選べる外貨』における維持率、時価評価総額の計算方法、また取引における算出方法をご案内いたしますのでご参照ください。


【維持率】
時価評価総額÷使用中保証金×100
現在の時価評価総額が、必要保証金の合計に対してどれくらいの割合になっているかを示します。

 
【時価評価総額】
取引口座残高+評価損益-未払手数料(1万通貨未満に適用)
 
【必要保証金】
取引レート×取引数量×4%(個人)
取引レート×取引数量×必要保証金率(法人)
※必要保証金率は「必要保証金一覧」にてご確認いただけます。
 
【使用中保証金】

現在取引に使用している必要保証金合計

※維持率100%とは…
必要保証金額と保有ポジションの評価損益を含めた時価評価総額が同じ金額である状態 を指します。

取引口座残高が40,000円で、米ドル/円100.00円・1万通貨を保有した場合、維持率は100%です。

維持率100%とは



例1 新規にポジションを1つ保有する場合
※保証金の計算は個人のお客様の必要保証金率を用いて計算しています。

 

【例1】
米ドル/円=100.000円のレートで、5万通貨の買ポジションを保有する。
取引口座残高は50万円。
その他ポジションは保有していない。

この場合の必要保証金は200,000円
(式)100.000円×50,000通貨×4%(個人のお客様の法定預託金)

維持率は下記計算方法によって求められます。
 (式) 時価評価総額÷使用中保証金×100

【例1】の場合の維持率は250%です。
 (式) 500,000円(時価評価総額)÷200,000円(必要保証金)×100=250%
必要保証金に対してお客様は250%(2.5倍)の保証金を保有している状態です。


維持率250%

 

例2 例1で保有したポジションの他に、さらにポジションを保有する場合
※保証金の計算は個人のお客様の必要保証金率を用いて計算しています。

 

【例2】
例1で保有したポジションに加え、
米ドル/円=100.000円のレートで、5万通貨の買ポジションを保有する。
取引口座残高は50万円、使用可能保証金は300,000円。

この場合の必要保証金は200,000円
 (式)100.000円×50,000通貨×4%(個人のお客様の法定預託金)

例1にて既にポジションを保有しているため、使用中保証金は400,000円
 (式) 200,000円+200,000円=400,000円

【例2】の場合の維持率は125%です。
 (式)500,000円(時価評価総額)÷(200,000円【例1】)+200,000円【例2】)×100=125%
必要保証金に対してお客様は125%(1.25倍)の保証金を保有している状態です。

維持率125%

 

例3 保有中のポジションに評価益が発生した場合
※保証金の計算は個人のお客様の必要保証金率を用いて計算しています。

 

【例3】
米ドル/円=102.000円の円安となり、例1・例2で保有したレート(100.000円)より1通貨あたり2円の評価益が発生。

保有ポジションは、例1(5万通貨)・例2(5万通貨)で保有したポジションのみ、使用中保証金は400,000円。
1通貨あたり2円の評価益が発生しているため、合計の評価益は+200,000円
 (式) (2円×50,000通貨)+(2円×50,000通貨)=200,000円

評価益が発生したため、時価評価総額へ算入します。※
時価評価総額は700,000円になります。
 (式) 500,000円(取引口座残高)+200,000円(評価益)=700,000円

この場合の維持率は175%です。
 (式) 700,000円(時価評価総額)÷(200,000円【例1】+200,000円【例2】)×100=175%
必要保証金に対してお客様は175%(1.75倍)の保証金を保有している状態です。

※ 発生した評価益で新規ポジションを保有することが可能です。

維持率175%

 

例4 保有中のポジションに評価損が発生した場合

 

【例4】
米ドル/円=98.000円の円高となり、例1・例2で保有したレート(100.000)より1通貨あたり2円の評価損が発生。

保有ポジションは、例1(5万通貨)・例2(5万通貨)で保有したポジションのみ、使用中保証金は400,000円。
1通貨あたり2円の損が発生しているため、評価損は-200,000円
(式) (-2円×50,000通貨)+(-2円×50,000通貨)=-200,000円

評価損が発生したため、時価評価総額へ算入します。
時価評価総額は300,000円になります。
 (式) 500,000円(取引口座残高)-200,000円(評価損)=300,000円

この場合の維持率は75%です。(※1)
 (式) 300,000円(時価評価総額)÷(200,000円【例1】+200,000円【例2】)×100=75%
必要保証金に対してお客様は75%(0.75倍)の保証金を保有している状態です。

 

※1 維持率が100%を下回った場合には、強制決済またはロスカットの対象になる場合があります。
ポジション管理につきましては十分ご注意くださいますようお願い申し上げます。 

 

 

また、こちらを使用すれば、維持率を計算していただけます。
維持率シミュレーター